最終更新時刻:2013年1月08日(火)9時55分


東大、変形性関節症の根本治療につながる低分子化合物とその作用機序を解明

東大、変形性関節症の根本治療につながる低分子化合物とその作用機序を解明


東大、変形性関節症の根本治療につながる低分子化合物とその作用機序を解明

... 目指して、新規関節軟骨再生誘導薬の開発が検討された形だ。 なお、病的な変形性関節症を誘発する条件下では、軟骨肥大化を抑制するRunx1と低分子化合物は、変形性膝関節症の画期的な原因治療薬の開発につながる可能性があると、研究グループはコメントしている。 続きは...

twitterでもつぶやいています。

特集

人気の記事